• トップ

家探しをする際の時期

家探しのコツを知っておこう

家探しは季節を考える

家を探す場合には、必ず時期を考えることがコツになります。なぜなら、家探しの時期によって価格が変わる可能性が高いからです。また、夏と冬では、環境も大きく変わります。まず、住宅が高くなりやすい、あるいは値段が落ちにくいのは12月頃で、あまり安くなる傾向はありません。新年度に向けて家探しを検討している人が多いからです。もし、出来るだけ安く購入するコツがあるとすれば、閑散期の5月から8月ぐらいにかけて行いましょう。その時期に家探しをするのであれば、不動産の購入を検討している人は少なく、不動産会社のほうでもあまり、高値で売ろうとはしません。閑散期を狙って家を探してみましょう。もうひとつ家探しの重要なコツは、季節を考えることです。例えば、夏であれば太陽の角度が低いため、家の中にも割と広い範囲で部屋の中に太陽光が入ってきます。そのため、夏だけ見ると日当たりの良い家と感じるかもしれません。ところが、家探しも冬になると、夏とは少し異なってきます。基本的に冬の方が太陽の角度が低いため、夏とは異なり日差しが入ってきません。家を探す場合は、夏だけでなく冬にも内覧しておく必要があるでしょう。結果的に良い家を探すことができるでしょう。

バックナンバー

↑PAGE TOP