• トップ /
  • 失敗しない家探しのコツとは

失敗しない家探し

失敗しない家探しのコツとは

家探しは「自分の生活の棚卸し」

失敗しない「家探しのコツ」とは、「自分の現状や気持ちをしっかり棚卸しすること」と言えます。具体的には、まず、自分の収入や生活にかかる費用を明らかにすることから始めるのが良いでしょう。そうすると、月にどの位の家賃までなら支払えるのか、はっきり見えてきます。見えてきたら、「家賃◯◯円までの物件を探す」と限度額を決めます。生活と直結するものだからこそ、家探しを失敗しないためには、家賃設定は大切なポイントです。家賃設定が出来たら、「自分が今回の家探しでどのようなことを求めているのか」自分の希望を書き出していきます。ここでの失敗しないコツは「頭の中で考えているだけでなく、小さなことでも良いから、思っていることを箇条書きにしてすべて書き出す」ことです。人は不思議なもので、頭の中だけで考えていると混沌としている事も、紙に書き出すなどして視覚化すると、今まで気がつかなかったことに気づいたり、すっきり考えがまとまったりするものなのです。書き出したら、それらの希望に優先順位を付けていきます。「部屋の広さ」「洋室・和室」「バス・トイレ別」「駅までかかる時間」「風呂の追い炊き機能」など、人によって希望の内容・優先順位はかなり異なりますが、ここは叶う・叶わないはとりあえず無視しましょう。優先順位が決まったら、順序別に他の紙に書き直して、不動産屋さんで見せながら相談してみましょう。「紙を見せながら」というがコツです。一緒に情報を共有することで、話が早く進みます。

↑PAGE TOP